舟皿(6客)(7代 樂長入)

¥0

古格ある香炉釉と瑞々しい緑釉のコントラストが美しい舟形向付です。どっしりとした厚手の豊かな量感が特徴的です。部分的にくっつきや煮えがありますが、良好な状態を保っております。「新たな舟出」の趣向と幅広く使用できます。

御売却済

作者7代 樂長入
1714(正徳4)年~1770(明和7)年
状態完品
重量約 392g(1客あたり)
口径約 17.2×13.9cm
高さ約 7.5cm
底径約 6.0cm
次第10代 樂旦入 識箱
商品コード: 200629-5 商品カテゴリー:

説明

7代 樂吉左衛門(長入)

 1714(正徳4)年~1770(明和7)年
7代樂吉左衛門は6代樂吉左衛門(左入)の長男として京都に生まれました。
名を惣吉(後に吉左衛門)、号を長入・槌斎、諱を栄清といいます。
1728(享保13)年、7代樂吉左衛門を襲名しました。
1738(元文3)年、長次郎百五十回忌に赤茶碗を150碗制作しました。
1762(宝暦12)年、得入に家督を譲って隠居し、「長入」と号しました。
長次郎の「長」に由来します。
樂茶碗の伝統様式の定着、やや形式化された造形への傾向が見られ、
口縁に山のような起伏が付けられたのもこの頃であり、
後に「五岳」と呼ばれる形式性へと発展する契機を生みました。
長入茶碗の魅力はこうした形式化の造形にあるのではなく、
大振りでやや厚造りの豊かな量感を感じさせる作行にあり、
江戸中期の安定した社会風潮と自身の泰然自若とした人柄の反映といえます。
大小の茶碗を重ねた正月用の嶋台茶碗も長入から始まりました。
樂家の中でも作陶生活は特に長く、
樂家仏壇に祭られている日蓮上人像や種々の香合等の立体的な造形に秀でた才が窺え、
細工物に関しては歴代随一とされています。
妻・妙茂も陶技に優れました。
長男・得入は体が病弱だった為、隠居後も作陶を支えました。