LOADING

TENPYODO
Small Bowl with Lid(10 Pieces / 12th Kakiemon Sakaida)-1

Small Bowl with Lid(10 Pieces / 12th Kakiemon Sakaida)

Sold Out

The works of the 12th Kakiemon Sakaida are mainly somenishiki tableware, and he uses izumiyama pottery stone, the highest quality material, for all his works. After more than 300 years of mining, there was little left and it was difficult to use, but successive kakiemons were particular about this material, which had been used since the edo period, and created excellent artistic tableware in pursuit of tradition. Because izumiyama pottery stone contains a lot of iron, it is characterized by a slightly bluish color when fired. It is said that there is no one better than the 12th kakiemon when it comes to the balance between blue and white and colored illustrations, and the work has the spirit and rigor that befits the creative period of modern kakiemon.

Product Code
240108-6
Artist
12th Kakiemon Sakaida
1878-1963
Saga Prefecture Important Intangible Cultural Property
Weight
About 237g(1 Piece)
Diameter
About 9.3cm(Lid Diameter:About 10.0cm)
Height
About 9.5cm
Bottom Diameter
About 4.4cm
Description
Wooden Box with Artist's Sign(There are stains)
Condition
Excellent Condition

It is in good condition without a feeling of use. Only 3 pieces has a slight glaze peel off at the edge that occurred during the production process.

Photo Gallery

  • Small Bowl with Lid(10 Pieces / 12th Kakiemon Sakaida)-1
  • Small Bowl with Lid(10 Pieces / 12th Kakiemon Sakaida)-2
  • Small Bowl with Lid(10 Pieces / 12th Kakiemon Sakaida)-3
  • Small Bowl with Lid(10 Pieces / 12th Kakiemon Sakaida)-4
  • Small Bowl with Lid(10 Pieces / 12th Kakiemon Sakaida)-5
  • Small Bowl with Lid(10 Pieces / 12th Kakiemon Sakaida)-6
  • Small Bowl with Lid(10 Pieces / 12th Kakiemon Sakaida)-7
  • Small Bowl with Lid(10 Pieces / 12th Kakiemon Sakaida)-8
  • Small Bowl with Lid(10 Pieces / 12th Kakiemon Sakaida)-9
  • Small Bowl with Lid(10 Pieces / 12th Kakiemon Sakaida)-10
Small Bowl with Lid(10 Pieces / 12th Kakiemon Sakaida)-1
Small Bowl with Lid(10 Pieces / 12th Kakiemon Sakaida)-2
Small Bowl with Lid(10 Pieces / 12th Kakiemon Sakaida)-3
Small Bowl with Lid(10 Pieces / 12th Kakiemon Sakaida)-4
Small Bowl with Lid(10 Pieces / 12th Kakiemon Sakaida)-5
Small Bowl with Lid(10 Pieces / 12th Kakiemon Sakaida)-6
Small Bowl with Lid(10 Pieces / 12th Kakiemon Sakaida)-7
Small Bowl with Lid(10 Pieces / 12th Kakiemon Sakaida)-8
Small Bowl with Lid(10 Pieces / 12th Kakiemon Sakaida)-9
Small Bowl with Lid(10 Pieces / 12th Kakiemon Sakaida)-10

美術食器としての「錦手」

12代酒井田柿右衛門や13代酒井田柿右衛門の前半期は本格的な量産体制が整っておらず、
13代の後半期から14代のように「濁手(自作物)」と「錦手(窯物)」の区別が明確にされていません。
この頃は食器一つを例に挙げても「美術食器」として位置付けされており、
染付銘の有無により価値を定めるのではなく、作品の質を重視するべきです。
窯の経営には全く無頓着であった一方、優れた作品を造る為には決して妥協を許さず、
柿右衛門窯の職人達は12代の一挙一動に大変神経を使っていました。
13代の後半期からは実用食器としての要素が強くなります。


12代 酒井田柿右衛門 1878(明治11)年~1963(昭和38)年

12代酒井田柿右衛門は11代酒井田柿右衛門の長男として佐賀県に生まれました。
本名を正次といいます。
1917(大正6)年、12代酒井田柿右衛門を襲名しました。
1919(大正8)年、実業家・小畑秀吉と「柿右衛門焼合資会社」を設立しました。
1921(大正10)年、九州沖縄一府八県連合共進会で銀牌を受賞しました。
1926(大正15)年、実業功労者として表彰を受けました。
1927(昭和2)年、御大典の際に置物を献上しました。
1928(昭和3)年に柿右衛門焼合資会社を脱退し、
「角福」銘の商標を譲り渡した柿右衛門家は新たに「柿右衛門作」という銘に切り替えました。
1940(昭和15)年、工芸技術保存作家の指定を受けました。
1953(昭和28)年、長男・渋雄(13代酒井田柿右衛門)と濁手素地の復興に成功しました。
1954(昭和29)年、佐賀県重要無形文化財に認定されました。
1955(昭和30)年に「柿右衛門」の製陶技術が文化財保護委員会より、
記録作成等の措置を構ずべき無形文化財として選択を受けました。
日本工芸会会長賞を受賞しました。
1957(昭和32)年、文化財保護委員長賞を受賞しました。
1958(昭和33)年、ブラッセル万国博覧会でグランプリを受賞しました。
1962(昭和37)年、勲四等瑞宝章を受章しました。
11代から引き続く困難な世相と厳しい経営状態の中、
苦労の末に手に入れた「角福」銘の商標を譲り渡すという苦難を経験しながらも、
柿右衛門窯の伝統と作風を守り抜きました。
頑固な職人気質と完璧主義の飽くなき伝統の追求から、
「近代柿右衛門復興の祖」として絶大な功績を残しました。
長男・渋雄と手掛けた濁手素地の復興は、
12代の晩年を飾るに相応しい究極の到達点・偉業となりました。
歴代柿右衛門の中でも名工の誉れが高く、
濁手発表に至るまでに残した錦手は12代の苦悩の結晶ともいえます。