呉須赤絵仙人鹿文大皿

¥0

斗出した出来栄えを示す呉須赤絵の最高傑作品です。目が覚めるような鮮烈な上絵付けで花籠を背負い鹿を伴った韓湘子(かんしょうし)が彩られています。呉須赤絵は使用擦れを隠す為に加色した類例も多く見られますが、現品はオリジナルの極めて良好な状態を保っており、焼き上がり、発色共に一級品として相応しい条件を全て備えています。見込み周囲には「玉堂佳器」の銘文が配され、「美しい宮殿の素晴らしい器」という吉祥を意味します。同手作品が大阪市立東洋陶磁美術館に収蔵されており、まさに珠玉のミュージアムピースといえます。
※大阪市立東洋陶磁美術館のwebページ

Sold out

時代明時代末期
17世紀前半
状態完品
口径38.7cm
高さ9.6cm
底径18.8cm
次第時代箱、アクリル皿立付
類似品『世界陶磁全集14 明』、小学館、P121,No123.
大阪市立東洋陶磁美術館 所蔵
SKU: 185001-1 Category:

Description

Sorry, this entry is only available in Japanese.