藍柿右衛門団龍雷雨文輪花皿

¥250,000

完成度の高い洗練された作行を示す盛期伊万里の優品です。降雨文は薄瑠璃釉に染付、雷文は墨弾きという高度な技術が駆使されています。縁に僅かな直しがありますが、極めて良好な状態を保っております。

In stock

時代江戸中期(17世紀後半)
状態縁に僅かな直しがあります
(直し部分は分からないように綺麗にできます)
口径22.8cm
高さ3.2cm
底径15.4cm
次第薬籠箱(桐箱)
類似品『盛期伊万里の美‐古伊万里シリーズⅠ 染付磁器名品集‐』
関和男 編、古伊万里刊行会、P44,No100.
SKU: 181022-18 Category:

Description

柿右衛門様式

 柿右衛門様式とは延宝年間(1673~81)頃を中心に焼成された伊万里焼の様式です。
現在における「柿右衛門」の定義とは柿右衛門家のみで造られた独占的な作品ではなく、
V.O.C(オランダ東インド会社)からの大量注文を受けて、
肥前有田の窯々で輸出用に完成された作品群として「様式」の語句が付加されています。
絵師の手による余白を活かした繊細な絵付け・精緻を極めた作行を特徴とし、
優雅で気品高い柿右衛門様式は欧州の王侯貴族を魅了した高級花形商品として、
V.O.Cによって大量に積み出しされた磁器の中でも特に根強い人気を博しました。
更に「濁手」と呼ばれる純白色の温かみある柔和な素地は色絵の鮮麗さをより際立たせ、
以後のマイセンやシャンティーイにおける欧州磁器の焼成に大きな影響を与えました。
尚、柿右衛門様式には「渦福」と呼ばれる銘款が入った作品が多く見られます。
デザイン化した「福」が渦を巻いたように見える事から呼び慣わされている名称です。
「金」、「古人」等の銘款は上手の精作に多く見られます。
江戸時代に輸出された古伊万里は柿右衛門様式の数量を遥かに凌いでおりますが、
人々の目を引いて関心を集めているのはやはり柿右衛門様式の作品です。

肥前年表(柿右衛門様式)

素焼き技法の導入と技術発展

 延宝年間(1673~81)頃から生掛け焼成の制作ロスを防いで効率を図るべく、
「素焼き」技法が採り入れられるようになると、
素地強度や精巧さが付加されて品質を一定に保つ事が可能になりました。
この頃から匣鉢(ボシ)の使用が始まり、
窯内で灰や鉄分等の不純物の付着を防いで均一な温度で焼成する事が可能になりました。
匣鉢内に器物を置く際は目砂を撒くようになり畳付に粗い砂が付着する事も減少しました。
又、陶石の精製技術も格段に進歩して汚れとなる不純物をより除去できるようになります。
従って、白磁にとって最も必要不可欠な白い胎土が汚される事も少なくなりました。

墨弾き

 染付磁器に白抜き文様を表現する技法です。
素焼きした器面に濃く磨った上等の墨で白く抜きたい文様を描き、
その上に呉須で濃染を行うと、
膠質を含む墨は給水性がない為に呉須を弾きます。
これを空焼きすると墨の部分が焼き抜けて白い文様となります。
その後に透明釉を施して本焼き焼成します。
この技法は盛期鍋島の地紋に広く使用されていますが、
施釉前に一度空焼きする工程が入る為に大変手間の掛かる手法といえます。

絵文様の解説

 龍は水中に棲んで空を飛翔し、雲を起こして雨を呼ぶという想像上の生物です。
古来中国では麒麟、鳳凰、霊亀と共に「四霊(四瑞)」の一つとして尊崇されました。
中国で龍は皇帝、鳳凰は皇后の象徴として知られ、
朝鮮や日本においても重要な装飾文様として定着しました。
1297(大徳元)年に一般庶民の使用する龍爪は四爪とする建白が行われ、
1314(延祐元)年に元王朝は五爪二角の龍を皇帝・宮廷の象徴文様に決定しました。
明・清王朝もこの制度を継承し、御器廠(景徳鎮官窯)において使用されました。
日本にはこうした五爪龍の思想は入りませんでした。
虚栄を張って頭を下げる事を好まない独裁者である君主を龍に例え、
世を丸く統治できる威徳が備わった名君であって欲しいと願望する庶民の心を反映して、
龍を丸く描いた団龍文様が描写されたとも伝えられています。