藍九谷蛇籠波文変形皿

¥0

蛇籠に流水が陽刻と染付の濃淡によって立体的に表現されています。特筆すべきは鍋島を髣髴とさせる墨弾きであり、技術の粋が器の隅々にまで行き届いています。

Sold out

時代Edo period(Middle of the 17th century)
状態完品
口径15.8×12.2cm
高さ3.0cm
底径9.6×6.2cm
次第桐箱
類似品『柴田コレクション(Ⅵ)‐江戸の技術と装飾技法‐』
佐賀県立九州陶磁文化館、P83,No121.
SKU: 180831-1 Category:

Description

Old kutani

 The old kutani style is the style of imari ware made in hizen arita in the early Edo period.
In the 1640s and 1650s color painting techniques were introduced to imari ware made mainly of underglaze blue, and it was transformed into an old kutani style in which early imari was developed with remarkable technological innovation.
Porcelain of overglaze polychrome enamel which began with imitating chinese ceramics showed its own development in japan, a work of the tea ceremony was also made.
Participation by the painter is felt as you can see the work which the painting has become much better.
The number of works with characters increased, and various names such as ” horn fortune ” and “honor” were used.
In order to prevent the bottom from drooping during firing as the bottom width of the dish became larger, a method of attaching a conical support “Hari” made of the same material as porcelain has become widespread.
Because porcelain of overglaze polychrome enamel were unsuitable for the tastes of europeans, little was exported, it is estimated that it was produced according to domestic demand.
The old kutani style also became thin like the kakiemon style in the second half.
I will also refine the picture pattern.

Old kutani

墨弾き

 染付磁器に白抜き文様を表現する技法です。
素焼きした器面に濃く磨った上等の墨で白く抜きたい文様を描き、
その上に呉須で濃染を行うと、
膠質を含む墨は給水性がない為に呉須を弾きます。
これを空焼きすると墨の部分が焼き抜けて白い文様となります。
その後に透明釉を施して本焼き焼成します。
この技法は盛期鍋島の地紋に広く使用されていますが、
施釉前に一度空焼きする工程が入る為に大変手間の掛かる手法といえます。

絵文様の解説

 蛇籠は竹を主な材料として円筒形の籠を編み、
内部に石材を充填して河川工事等に使用した事に始まります。
設備としての完成形が蛇に似た形状で組み上げられる籠である事や、
昔から河川に蛇の伝説が付き物であった事に由来すると考えられています。
竹は屈撓性に富んで入手が容易であった事から、
蛇籠の材料として最も多く使用されました。
比較的広く使用されるようになったのは桃山時代以降であり、
大名が自己領土の保全、開発、領土拡張の為、
治水工事が行われるようになった事によります。
その後、徳川幕府によって全国統一が成され、
河川改修、災害復旧工事が盛んに行われるようになり、
大量の蛇籠が使用されました。