古美術 天平堂

矢野直人

Naoto Yano

刷毛目徳利(矢野直人)

19,800

刷毛目と素地が醸し出す柔らかで豊かな表情が特徴的な徳利です。

作者
矢野直人
1976(昭和51)年生
状態
新品
重量
202g
胴径
8.6cm
口径
3.5cm
高さ
12.2cm
次第
共箱
共布
備考
酒量は約250ml入ります
商品コード
201124-6

お問い合わせ

矢野直人 1976(昭和51)年生

佐賀県唐津市に生まれる。
1994(平成 6)年 5年間アメリカに留学。
2002(平成14)年 佐賀県有田窯業大学校を卒業。
2003(平成15)年 佐賀県有田窯業大学校嘱託講師に就任。
2004(平成16)年 自宅(殿山窯)にて作陶を始める。
2008(平成20)年 韓国・蔚山にて6ヶ月作陶。
2015(平成27)年 割竹式登窯を築窯。
確かな鑑識眼、斗出した実力、高い人間性を兼ね備え、
今日における唐津焼の人気を牽引する。


刷毛目

刷毛目とは鉄分の多い素地に刷毛で白泥を施し、
透明釉を掛けて焼成した粉青沙器です。
粗雑な素地を白磁のように美しく見せようと白化粧を行う際、
白泥の中にどっぷりと浸し掛けにすると水気が回って壊れ易くなる為、
刷毛で塗る方法が執られた事に始まったという説や、
作業工程を簡略化したという説等も知られています。
日本に将来された李朝の刷毛目茶碗は茶人間で珍重されました。
時代や装飾上の特徴から様々な名称が与えられ、
和物茶碗においても意匠化されました。
茶碗では平たい端反りの器形が多く見られます。