古美術 天平堂

矢野直人

Naoto Yano

絵刷毛目徳利(矢野直人)

22,000

手取り具合が良く、大らかな作行を示す鶏龍山徳利です。

作者
矢野直人
1976(昭和51)年生
状態
新品
重量
210g
胴径
9.4cm
口径
3.3cm
高さ
12.5cm
次第
共箱
共布
備考
酒量は約340ml入ります
商品コード
201124-2

お問い合わせ

矢野直人 1976(昭和51)年生

佐賀県唐津市に生まれる。
1994(平成 6)年 5年間アメリカに留学。
2002(平成14)年 佐賀県有田窯業大学校を卒業。
2003(平成15)年 佐賀県有田窯業大学校嘱託講師に就任。
2004(平成16)年 自宅(殿山窯)にて作陶を始める。
2008(平成20)年 韓国・蔚山にて6ヶ月作陶。
2015(平成27)年 割竹式登窯を築窯。
確かな鑑識眼、斗出した実力、高い人間性を兼ね備え、
今日における唐津焼の人気を牽引する。


鶏龍山

鶏龍山とは韓国忠清南道にある名峰で山麓には多くの古窯跡が散在しています。
ここで灰色の胎土に白化粧を施して、
自由闊達な筆法で鉄絵文様を描いた粉青沙器が発見された事から、
この一群は「鶏龍山」と呼び慣わされて世界的にも高い声価を得ています。
16世紀を中心に韓国忠清南道公州市反浦面鶴峰里で焼成されました。