古美術 天平堂

矢野直人

Naoto Yano

斑唐津ぐい呑(矢野直人)

御売却済

白濁色に覗く青の斑文が美しいです。

作者
矢野直人
1976(昭和51)年生
状態
新品
重量
79g
口径
8.5×8.2cm
高さ
3.8cm
底径
3.3cm
次第
共箱
共布
商品コード
201124-10

お問い合わせ

斑唐津

斑唐津とは失透性の藁灰釉が施された唐津焼です。
白濁色の表面に陶土に含まれる鉄分や燃料の松灰が溶け出して青や黒の斑文が現れ、
釉薬の濃淡が様々な様相を呈しています。
古唐津の中でも最も古い岸岳系の窯で多用された技法として知られており、
帆柱窯や道納屋谷窯の作品は斑唐津の中でも古格を示しています。
中でも「斑唐津の筒杯」は希少性も相まって特に人気が高く、
酒盃の王者ともいえる貫禄を示しています。