吉賀将夫

Hatao Yoshika

吉賀将夫 1943(昭和18)年生

 吉賀将夫は吉賀大眉の長男として山口県萩市に生まれました。
1969(昭和44)年、東京芸術大学大学院陶芸科を修了しました。
山口芸術短期大学講師に就任しました。
1975(昭和50)年、山口県美術展で文部大臣奨励賞を受賞しました。
1976(昭和51)年、山口大学教育学部助教授に就任しました。
1978(昭和53)年、現代工芸美術家協会会員となりました。
山口県美術展で特別賞を受賞しました。
1979(昭和54)年、日本現代工芸美術展で会員賞を受賞しました。
山口県美術展審査員に就任しました。
山口県芸術文化振興奨励賞を受賞しました。
1980(昭和55)年、日本現代工芸美術展審査員に就任しました。
1983(昭和58)年、作品が外務省に買い上げられました。
日本現代工芸美術展でNHK会長賞を受賞しました。
日展で特選を受賞しました。
1985(昭和60)年、日本現代工芸美術展審査員に就任しました。
日展で特選を受賞しました。
1987(昭和62)年、日本現代工芸美術展審査員に就任しました。
日展委嘱となりました。
1988(昭和63)年、現代工芸美術家協会理事に就任しました。
1989(平成元)年、日本現代工芸美術展審査員に就任しました。
1990(平成2)年、日展会員となりました。
山口大学教育学部教授に就任しました。
1996(平成8)年、山口県選奨(芸術文化功労)を受賞しました。
2000(平成12)年、日本芸術院賞を受賞しました。
2001(平成13)年、中国文化賞を受賞しました。