山本雄一

Yuichi Yamamoto

山本雄一 1935(昭和10)年生

 山本雄一は山本陶秀の長男として岡山県備前市伊部に生まれました。
1954(昭和29)年、岡山県立備前高等学校を卒業しました。
1959(昭和34)年、父に師事して家業に従事しました。
1966(昭和41)年、岡山県美術展で県展賞を受賞しました。
1967(昭和42)年、日本工芸会正会員となりました。
1968(昭和43)年、備前焼で初めてガス窯を導入しました。
1971(昭和46)年、岡山県美術展委嘱となりました。
1972(昭和47)年、半地上式穴窯を父と完成させました。
1974(昭和49)年、陶芸用としての全自動ガス窯を発明しました。
1975(昭和50)年、半地上式で登窯の長所を取り入れた型式の穴窯を完成しました。
1976(昭和51)年、備前会展で岡山県知事賞を受賞しました。
日本工芸会中国支部展で支部長賞を受賞しました。
1977(昭和52)年、金重陶陽賞を受賞しました。
日本工芸会東中国支部審査員に就任しました。
1978(昭和53)年、日本工芸会支部展審査員に就任しました。
1980(昭和55)年、備芸会会長に就任しました。
岡山日日新聞文化賞を受賞しました。
1981(昭和56)年、玄画会審査員、副会長に就任しました。
岡山県文化奨励賞を受賞しました。
玄画会展で文部大臣奨励賞を受賞しました。
1982(昭和57)年、稲藁を煮詰めて抽出したエキスで絵付けした「緋紋」を創案しました。
1983(昭和58)年、岡山県美術展で山陽新聞社大賞を受賞しました。
1992(平成4)年、山陽新聞賞文化功労章を受章しました。
岡山県美術展審査員に就任しました。
1995(平成7)年、玄画会会長に就任しました。
備前焼の技法『伝統と創造』を出版しました。
1996(平成8)年、田部美術館大賞「茶の湯の造形展」で大賞を受賞しました。
岡山県重要無形文化財に認定されました。
玄画会展で内閣総理大臣賞を受賞しました。
岡山日日新聞芸術文化功労章を受章しました。
1998(平成10)年、紺綬褒章を受章しました。
1999(平成11)年、「備前緋襷八角鉢」がフランス国立セーブル陶磁器美術館に買い上げられました。
「緋襷広口花器」と「緋襷丸花瓶」が宮内庁に買い上げられました。
2002(平成14)年、表千家同門会岡山副支部長に就任しました。
父譲りの卓越した轆轤技術には定評があり、
偶然に頼る部分の多い緋襷をデザインとして表現した「緋紋」、「緋彩」を創案しました。
海外においても個展を開く等、精力的な活動を展開しています。