山本出

Izuru Yamamoto

山本出 1944(昭和19)年生

 山本出は山本陶秀の四男として岡山県備前市に生まれました。
1968(昭和43)年に武蔵野美術大学彫刻科専攻を卒業後、
パリ国立美術学校で彫刻を学びました。
帰国後は父に師事して作陶に従事します。
1975(昭和50)年、備前市伊部に築窯して独立しました。
1979(昭和54)年、日本工芸会正会員となりました。
1980(昭和55)年、日本伝統工芸展で日本工芸会奨励賞を受賞しました。
1982(昭和57)年、絵画的な造形意匠による「出彩」に取り組んで独自性が注目されます。
1983(昭和58)年、中日国際陶芸展で奨励賞を受賞しました。
1985(昭和60)年、金重陶陽賞を受賞しました。
1995(平成7)年、フランス・ブルゴーニュ州・ヨーヌ県のラティー城で制作しました。
1997(平成9)年、岡山県文化奨励賞を受賞しました。
2002(平成14)年、茶の湯の造形展で田部美術館大賞を受賞しました。
独自で生み出した「叩込」、「出彩」、「積上」等の技法を駆使し、
高度な美術理論とたくましい造形感覚が絶妙に調和した新鮮な作風が特徴的です。