手塚央

Hisashi Tezuka

手塚央 1934(昭和9)年生

 手塚央は手塚玉堂の次男として京都府に生まれました。
1961(昭和36)年、楠部弥弌に師事しました。
1967(昭和42)年、清水焼団地に開窯しました。
1980年代に明時代・成化帝の治世下で開発された「豆彩(闘彩)」を再現しました。
「手塚祥堂陶苑」とは手塚央を代表者とする清水焼窯元です。