清水保孝

Yasutaka Shimizu

清水保孝 1947(昭和22)年生

 清水保孝は清水卯一の長男として京都市五条坂に生まれました。
1970(昭和45)年、龍谷大学文学部史学科を卒業しました。
1971(昭和46)年、父に師事しました。
1973(昭和48)年、日本工芸会近畿支部展で近畿支部長賞を受賞しました。
1975(昭和50)年、日本工芸会正会員となりました。
1977(昭和52)年、日本工芸会近畿支部展で日経奨励賞を受賞しました。
1981(昭和56)年、日本工芸会近畿支部展で松下賞を受賞しました。
1982(昭和57)年、日本工芸会近畿支部展特待に推挙されました。
1987(昭和62)年、日本工芸会近畿支部展鑑査委員に就任しました。
1991(平成3)年、龍谷大学校友会より龍谷奨励賞を受賞しました。
1994(平成6)年、「藍釉銀彩亀遊文大鉢」が京都府に収蔵されました。
1999(平成11)年、「鉄絵亀遊文掛分扁壷」が駐日フランス大使館に収蔵されました。
2002(平成14)年、日本工芸会理事に就任しました。
人間国宝である父・清水卯一の薫陶を受け、
子供の頃から好きだったとされる亀をモチーフにした亀遊文に特色が見られます。