小野琥山

Kozan Ono

小野琥山 1890(明治23)年~1971(昭和46)年

 小野琥山は福島県会津若松市に生まれました。
本名を信吾といいます。
1907(明治40)年、福島県立会津工業学校窯業科を卒業しました。
1908(明治41)年、日本陶器(現:ノリタケ)に入社しました。
1909(明治42)年、日本陶器で優良職人として表彰を受けました。
1910(明治43)年、石膏原型師の第一人者となりました。
1914(大正3)年、名古屋製陶(現:鳴海製陶)に入社しました。
1921(大正10)年に「パチパー(堆白手)」を名古屋製陶より化学工業大博覧会に出品し、
総裁賞を受賞しました。
1922(大正11)年、名古屋製陶を退社しました。
1926(大正15)年、山子製陶所会津若松にて創業しました。
1932(昭和7)年、山子製陶所を廃業しました。
1937(昭和12)年に吉田青年学校教師、
佐賀県窯業試験場塩田文場職員兼陶磁器価格査定委員に就任しました。
1943(昭和18)年、佐賀市多布施の陶稚園工場長に就任しました。
1950(昭和25)年、「小野製陶所」を設立しました。
1963(昭和38)年、米国カルフォルニア州博覧会でデザイン金賞を受賞しました。
1968(昭和43)年、「琥山製陶所」と改称しました。