大樋一平

Ippei Ohi

初代 大樋一平

2代 大樋一平

 1920(大正9)年生
1946(昭和21)年、初代大樋一平に師事しました。
1960(昭和35)年、2代大樋一平を襲名しました。
1964(昭和39)年、中国親善使節団により中国毛主席に献上品として大樋焼獅子頭が選定されました。
1974(昭和49)年、スウェーデン国グンナール大使の親善視察に飴釉茶碗を謹呈しました。
1976(昭和51)年、石川県大樋焼工芸協同組合理事長に就任しました。
1979(昭和54)年、国連大学技術と社会チーム一行の訪問視察で茶碗が買い上げられました。
1982(昭和57)年、金沢市長より金沢市伝統産業貢献者表彰を受けました。
1983(昭和58)年、石川県知事より石川県伝統産業優秀技術者表彰を受けました。
1993(平成5)年、勲五等瑞宝章を受章しました。