中里隆

Takashi Nakazato

中里隆 1937(昭和12)年生

 中里隆は12代中里太郎右衛門の五男として佐賀県に生まれました。
1961(昭和36)年、現代日本陶芸展で第一席を受賞しました。
1966(昭和41)年、西部工芸展で日本工芸会賞を受賞しました。
1967(昭和42)年、アメリカ・オハイオ州ウェズリアン大学の講師に就任しました。
1971(昭和46)年に小山冨士夫の勧めで種子島へ渡島し、
鹿児島県西之表市古園に築窯して種子島焼を始めました。
1974(昭和49)年、帰郷して佐賀県唐津市見借に築窯しました。
小山冨士夫より「隆太窯」と命名されました。
1985(昭和60)年、現代陶芸選抜展賞を受賞しました。
優れた技術と質朴で味わい深い作風は高い人気を裏付けており、
「南蛮唐津」や「唐津南蛮」と呼ばれる作品は豪快奔放にして男性的な焼き締めです。