村瀬治兵衛

Jihei Murase

初代 村瀬治兵衛

 初代村瀬治兵衛は名古屋で江戸時代から続く木地師の家に生まれました。
向こうが透けて見える程の極薄挽きを得意とし、
木地に塗りを施して漆器としての完成品を目指していた頃、
北大路魯山人と出会い、
魯山人の指導により薄挽きの中に大胆さがある作風を確立します。
後に東京の料亭等から注文が増えた為、
1951(昭和26)年に東京へ転居しました。
2代に家督を譲って「治庵」と号し、
庭に窯を築いて樂茶碗の制作にのめり込みました。

2代 村瀬治兵衛 1927(昭和2)年生

 2代村瀬治兵衛は愛知県名古屋市に生まれました。
本名を喜三郎といいます。
1945(昭和20)年、愛知県立工業学校図案科を卒業しました。
1976(昭和51)年、2代村瀬治兵衛を襲名しました。
根来塗を得意として、「根来の治兵衛」と謳われました。

3代 村瀬治兵衛 1957(昭和32)年生

 3代村瀬治兵衛は2代村瀬治兵衛の長男として東京都に生まれました。
本名を治といいます。
1980(昭和55)年、東京造形大学彫刻科を卒業後、家業に従事します。
2001(平成13)年、3代村瀬治兵衛を襲名しました。
2009(平成21)年、妙喜庵・待庵の炉縁を制作しました。
2015(平成27)年に作品をフィラデルフィア美術館、
米イエール大学アジアンアートミュージアム、東京国立近代美術館等に収蔵しました。
吟味した素材を生かし、高度な伝統技術で工夫を凝らしています。