三輪栄造

Eizo Miwa

三輪栄造 1946(昭和21)年~1999(平成11)年

 三輪栄造は11代三輪休雪(壽雪)の次男として山口県萩市に生まれました。
1970(昭和45)年に武蔵野美術大学彫刻科を卒業後、
伯父・三輪休和の養子となりました。
1978(昭和53)年、日本工芸会山口支部展で朝日新聞社賞を受賞しました。
1979(昭和54)年、日本工芸会山口支部展でNHK山口放送局賞を受賞しました。
1980(昭和55)年、日本工芸会山口支部展で支部長奨励賞を受賞しました。
1981(昭和56)年、日本工芸会山口支部展で朝日新聞社奨励賞を受賞しました。
1983(昭和58)年、日本工芸会正会員となりました。
1984(昭和59)年、日本工芸会山口支部展で朝日カルチャーセンター賞を受賞しました。
1985(昭和60)年、日本工芸会山口支部展で支部長賞を受賞しました。
1986(昭和61)年、田部美術館「茶の湯の造形展」で大賞を受賞しました。
1987(昭和62)年、山口県芸術文化振興奨励賞、日本工芸会山口支部展で下関市長賞を受賞しました。
1990(平成2)年、山口県警察本部の陶壁を制作しました。
萩焼の伝統的な茶陶を踏襲する一方で、
卓越した造形力を駆使して新しい萩焼の可能性を追及しました。
「男のネック」、「雪月花」等のシリーズでは自由で幅広い活動を展開しました。