小山末廣

Suehiro Koyama

小山末廣 1948(昭和23)年生

 小山末廣は初代小山一草の三男として岡山県備前市伊部に生まれました。
1967(昭和42)年に備前高校を卒業後、窯元・陶正園で修行しました。
1971(昭和46)年、築窯して独立しました。
1972(昭和47)年、元皇族・賀陽宮に擂座壷を献上しました。
1979(昭和54)年、岡山県美術展で山陽新聞社賞を受賞しました。
1980(昭和55)年、一水会展で一水会展賞を受賞しました。
1983(昭和58)年、岡山県美術展で県知事賞を受賞しました。
一水会展で硲奨励賞を受賞しました。
1984(昭和59)年、岡山県美術展委嘱となりました。
田部美術館「茶の湯の造形展」で優秀賞を受賞しました。
一水会展で一水会佳作賞を受賞しました。
1988(昭和63)年、一水会会員となりました。
1994(平成6)年、一水会展で一水会会員優賞を受賞しました。
1996(平成8)年、一水会委員に就任しました。
金重素山に師事して薫陶を受け、師風を継いだ火襷には定評があります。
自然体の品位ある素直な造形は茶陶に適った作風を示しています。