近藤潤

Hiroshi Kondo

近藤濶 1936(昭和11)年~2012(平成24)年

近藤濶は近藤悠三の次男として京都に生まれました。
1955(昭和30)年、父に師事して作陶に従事しました。
1962(昭和37)年、日本工芸会近畿支部正会員となりました。
1963(昭和38)年、新匠会正会員となりました。
1964(昭和39)年、日本工芸会正会員となりました。
1970(昭和45)年、日本伝統工芸展入選作品が外務省に買い上げられました。
1973(昭和48)年、京都嵯峨美術短期大学講師に就任しました。
1977(昭和52)年、「松絵花瓶」が参議院議員会館に買い上げられました。
京都陶芸家訪中団員として中国に渡りました。
伝統を遵守しながら現代のスタイルや感性の中で生きる美を追求しました。


近藤濶の買取しています

長年培ってきたキャリアと豊富な取引経験を活かし、
お客様目線に立った最善のご提案をお約束させて頂きます。
ご満足頂けます事を第一として、
最後まで誠心誠意、責任を持って承らせて頂きます。

<買取についての詳細はこちらから>