金重道明

Michiaki Kaneshige

金重道明 1934(昭和9)年~1995(平成7)年

 金重道明は金重陶陽の長男として岡山県備前市伊部に生まれました。
1955(昭和30)年、金沢美術工芸大学を卒業後、父に師事して作陶に従事しました。
1958(昭和33)年、山陽新聞社賞を受賞しました。
1961(昭和36)年、岡山市長賞を受賞しました。
1962(昭和37)年、山陽新聞社賞を受賞しました。
1969(昭和44)年、日本工芸会正会員となりました。
1971(昭和46)年、金重陶陽賞を受賞しました。
備前陶心会会長に就任しました。
1980(昭和55)年、日本陶磁協会賞を受賞しました。
1990(平成2)年、岡山県重要無形文化財に認定されました。
父親譲りの古備前に対する探究心と優美な作風を受け継いで格調高い世界を追求し、
幾何学的な造形にも意欲的に取り組みました。
茶陶の複雑な「味」や「表情」に近代的で斬新な造形感覚を加味する事で、
備前陶芸家全体の課題でもある陶陽からの脱出を図りました。
その作調はあくまで自然に逆らわない素朴で平明な味わいを備えており、
土のフォルムや窯変による景色の変化にも並々ならぬ配慮が窺え、
明快で力強い密度のある造形物へと高められています。