金重愫

Makoto Kaneshige

金重愫 1945(昭和20)年生

 金重愫は金重素山の長男として岡山県備前市伊部に生まれました。
1969(昭和44)年、京都大学農学部を卒業後、父に師事しました。
1979(昭和54)年、独立しました。
1982(昭和57)年、父の円山窯を継承しました。
轆轤で主に茶陶を手掛け、深みのある焼成が持ち味です。
己の魂をストレートに土にぶつける事に拘っています。