金重晃介

Kosuke Kaneshige

金重晃介 1943(昭和18)年生

金重晃介は金重陶陽の三男として岡山県備前市伊部に生まれました。
1968(昭和43)年、東京芸術大学彫刻科を卒業しました。
1970(昭和45)年、東京芸術大学大学院彫刻科を修了しました。
1971(昭和46)年から1977(昭和52)年まで東海大学教養学部美術学科講師に就任しました。
1976(昭和51)年から1977(昭和52)年まで中央美術学院講師に就任しました。
1977(昭和52)年、帰郷して兄・金重道明に師事し、本格的に作陶に従事します。
1982(昭和57)年、登窯を築窯しました。
1991(平成3)年、岡山安田火災ビルの陶壁「光と風と」を制作しました。
1994(平成6)年、日本陶磁協会賞を受賞しました。
造形、土、焼成にこだわり、常に備前焼の新しい境地を切り拓いています。


金重晃介の高価買取しています

長年培ってきたキャリアと豊富な取引経験を活かし、
お客様目線に立った最善のご提案をお約束させて頂きます。
ご満足頂けます事を第一として、
最後まで誠心誠意、責任を持って承らせて頂きます。

<買取についての詳細はこちらから>