井上康徳

Yasunori Inoue

井上康徳 1958(昭和33)年~2020(令和2)年

井上康徳は井上萬二の長男として佐賀県に生まれました。
1981(昭和56)年、成蹊大学工学部経営工学科を卒業後、父に師事して家業に従事しました。
1988(昭和63)年、朝日新聞社金賞を受賞しました。
1990(平成2)年、日本工芸会正会員となりました。
1991(平成3)年、一水会展で一水会賞を受賞しました。
1993(平成5)年、一水会展で一水会賞を受賞しました。
1995(平成7)年、一水会会員となりました。
1997(平成9)年、一水会会員優賞を受賞しました。
1998(平成10)年、作品が国際交流基金に買い上げられました。
佐賀県展で知事賞を受賞しました。
2000(平成12)年、西部工芸展で正会員賞を受賞しました。
2001(平成13)年、一水会会員優賞を受賞しました。
2002(平成14)年、西日本陶芸展で優秀賞(文部科学大臣奨励賞)を受賞しました。
2003(平成15)年、一水会委員に就任しました。
西日本陶芸展で優秀賞(経済産業大臣奨励賞)を受賞しました。
2004(平成16)年、一水会審査員に就任しました。
2005(平成17)年、佐賀県展で知事賞を受賞しました。
2007(平成19)年、佐賀新聞文化奨励賞を受賞しました。
2011(平成23)年、西部伝統工芸展で朝日新聞社大賞を受賞しました。
一貫して白磁の表現に取り組み、
伝統技術と現代感覚を融合させた作風を展開しました。


井上康徳の買取しています

長年培ってきたキャリアと豊富な取引経験を活かし、
お客様目線に立った最善のご提案をお約束させて頂きます。
ご満足頂けます事を第一として、
最後まで誠心誠意、責任を持って承らせて頂きます。

<買取についての詳細はこちらから>