原在中

Zaichu Hara

原在中 1750(寛延3)年~1837(天保8)年

 原在中は原性円の子で江戸後期から明治にかけての画系で知られる原派の祖です。
名を致遠、字を子重、号を在中・臥遊、法名を臥遊室楽誉在中到玄といいます。
石田幽汀に師事し、同門の円山応挙と親交しました。
狩野派に立脚しつつも仏画、土佐派、文人画を取り入れて独自の重厚な作風を築きました。
有職故実に精通して禁裏や寺院の障壁画も描きました。