藤原雄

Yu Fujiwara

藤原雄 1932(昭和7)年~2001(平成13)年

 藤原雄は藤原啓の長男として岡山県に生まれました。
父同様に小学生の時から文学を好んで明治大学では日本文学を専攻しました。
1955(昭和30)年に明治大学文学部日本文学科を卒業後、
東京の「みすず書房」に就職しました。
そこで雑誌の編集に携わりますが、
難産により左眼は失明、右眼の視力は0.03の弱視というハンディを抱えていた為、
細かい校正等の仕事は耐え難いものでした。
父が胃潰瘍で入院した為に帰郷し、小山冨士夫の勧めもあって陶工になる事を決意します。
そして、本格的に家業である陶芸の道に飛び込み、
父について想像を絶する努力と徹底した厳しさを持って修練を積みました。
1958(昭和33)年、山陽新聞社長賞を受賞しました。
1959(昭和34)年、日本工芸会東中国支部展で県知事賞を受賞しました。
1960(昭和35)年、日本伝統工芸展の出品作品が外務省に買い上げられました。
一水会賞を受賞して一水会会員に推挙されました。
1961(昭和36)年、日本工芸会正会員となりました。
日本工芸会東中国支部展で県知事賞を受賞しました。
1963(昭和38)年、スペイン・バルセロナ国際陶芸展でグランプリを受賞しました。
この頃から国際的に活躍するようになりました。
噴水とオブジェを岡山の池田動物園に制作しました。
1964(昭和39)年に各国の大学で備前焼の講義を行って海外にもその魅力を広め、
アメリカ・コロンビア大学での第一回国際工芸家会議に日本代表として出席する等、
精力的に備前焼の海外交流の土台作りに奔走しました。
1965(昭和40)年、アメリカ・ダートマス大学客員講師として招聘を受けました。
作品をダートマス大学、メトロポリタン美術館、ニューヨーク近代美術館、シカゴ美術館に寄贈しました。
1666(昭和41)年、サンフランシスコ州立大学の講師に就任しました。
1967(昭和42)年、岡山県備前市西灘に築窯しました。
最優秀作家として日本陶磁協会賞を受賞しました。
1969(昭和44)年、日本工芸会理事長賞、商工会頭賞を受賞しました。
1973(昭和48)年、大壷が北京の日本大使館に買い上げられました。
オーストラリア政府より招聘を受け、各大学や美術館で備前焼の講義を行いました。
金重陶陽賞を受賞しました。
1974(昭和49)年、「備前茶碗」が東京・赤坂迎賓館に買い上げられました。
レリーフを玉島中央病院、備前市役所に制作しました。
1975(昭和50)年、岡山県文化奨励賞を受賞しました。
日本盲人連合よりブライトスター賞を受賞しました。
レリーフを岡山ターミナルホテル、玉島病院に制作しました。
1976(昭和51)年、岡山県美術展、伝統工芸中国展の審査員に就任しました。
作品をフランス日本大使館、ボルドー美術館、カンティーヌ美術館、レンヌ美術館、
チェネルスチ美術館に寄贈しました。
1977(昭和52)年、花入を高野山・金剛峯寺に奉納しました。
財団法人・備前陶芸会館常務理事、財団法人・藤原啓記念館副理事長に就任しました。
1978(昭和53)年、レリーフを旭川荘に制作しました。
1980(昭和55)年、中日国際陶芸展審査員に就任しました。
岡山県重要無形文化財に認定されました。
重要無形文化財指定を記念して大壺を岡山県に寄贈しました。
西大寺商工会議所会館の際、レリーフを制作しました。
1981(昭和56)年、レリーフを備前東高校に制作しました。
1982(昭和57)年、壺を厳島神社宝物殿に奉納しました。
1983(昭和58)年に作品をニューサウスウェールズ州立美術館、カンタベリー美術館、
北京の日本大使館に寄贈しました。
啓と雄と和の三代作品を京都・知恩院に奉納しました。
1984(昭和59)年、山陽新聞賞を受賞しました。
山陽新聞社に文化功労賞受賞記念として壷を寄贈しました。
壺を伊勢神宮に奉納、作品を井原市立田中館に寄贈しました。
1985(昭和60)年、岡山県立文化賞を受賞しました。
紺綬褒章を受章しました。
作品を広島市に寄贈しました。
レリーフを広島・広越本社ビルに制作しました。
1986(昭和61)年、オカニチ芸術文化功労賞、中国文化賞を受賞しました。
作品を北海道立近代美術館、広島市役所、中国新聞社に寄贈しました。
レリーフを岡山大付属病院、オブジェを岡山理大に制作しました。
1987(昭和62)年、レリーフをオリエント八勝亭、いわき明星大学、日銀岡山支店に制作しました。
1988(昭和63)年、日本工芸会理事、中国支部幹事長、備前陶友会副理事長に就任しました。
1990(平成2)年、芸術選奨文部大臣賞を受賞しました。
大モニュメントを広島・御幸橋に制作しました。
1991(平成3)年、レリーフを東京銀座・王子製紙本社ロビーに制作しました。
1992(平成4)年、花入と燭台を大徳寺・聚光院に奉納しました。
レリーフを中国銀行新本店11階貴賓室、明星大学青梅キャンパスに制作しました。
1994(平成6)年、ホテルグランヴィア岡山にレリーフを制作しました。
1995(平成7)年、アカデミア芸術文化賞を受賞しました。
倉敷芸術科学大学教授に就任しました。
1996(平成8)年、重要無形文化財「備前焼」の保持者(人間国宝)に認定されました。
2001(平成13)年、勲四等旭日小綬章を受章しました。
日本伝統工芸史上初の親子二代で人間国宝となり、世の注目を集めました。
備前焼の第一人者としての重責を果たしながら一貫した精神を持って作陶に立ち向かい、
陶芸文化の普及と後進の育成に尽力しました。
重厚でふくよかな大壺や大徳利を手掛けた事から「壺の雄」とも呼ばれています。
北大路魯山人の影響も受けて料理を引き立てる食器造りも得意としました。
海外の大学から度々講師として招聘され、
備前焼についての講義や実技指導を行う等の国際文化交流にも大きく寄与しています。