藤原敬介

Kyosuke Fujiwara

藤原敬介 1939(昭和14)年生

 藤原敬介は藤原啓の次男として岡山県備前市に生まれました。
本名を恭助といいます。
1961(昭和36)年、東京文化学院洋画科を卒業しました。
1964(昭和39)年、岐阜県多治見陶磁器試験場を卒業しました。
1965(昭和40)年、岡山県岡山市田益桃の里に築窯して独立しました。
1966(昭和41)年、日本工芸会東中国支部展で山陽新聞社賞を受賞しました。
1967(昭和42)年、日本工芸会東中国支部展で支部長賞を受賞しました。
岡山県美術展で知事賞を受賞しました。
1969(昭和44)年、日本工芸会東中国支部展で日本工芸会理事長賞を受賞しました。
岡山県美術展で山陽新聞社賞を受賞しました。
1971(昭和46)年、小山冨士夫の命名による「備前志野」の研究に取り組みました。
1973(昭和48)年、備前陶芸研究所「南燦窯」の所長に就任しました。
1977(昭和52)年、日本工芸会正会員となりました。
財団法人藤原啓記念館常任理事に就任しました。
1978(昭和53)年、米国サンノーゼ市名誉市民となりました。
日本工芸会東中国支部展審査員、社団法人岡山青年会議所理事に就任しました。
1979(昭和54)年、金重陶陽賞を受賞しました。
1980(昭和55)年、岡山県文化奨励賞を受賞しました。
1985(昭和60)年、田部美術館「茶の湯の造形展」にて優秀賞を受賞しました。
1987(昭和62)年、「恭助」から「敬介」に改名しました。
元来は備前焼作家として修行に励んでいましたが、
岐阜県で作陶の基礎を学ぶうちに美濃陶に魅せられました。
最大の特色は志野の釉薬に備前焼の焼成技法を取り入れた「備前志野」にあります。
作品は茶陶を中心に志野、織部、黄瀬戸、天目等を展開しています。