藤原啓

Kei Fujiwara

藤原啓 1899(明治32)年~1983(昭和58)年

 藤原啓は農家・藤原伊三郎の三男として岡山県に生まれました。
本名を敬二といいます。
少年期から俳句や小説の才能を発揮し、
1915(大正4)年に博文館の『文章世界』に投稿した短文が一等賞を受賞しました。
1917(大正6)年、伊部尋常高等小学校や日生尋常小学校に代用教員として勤務しました。
1919(大正8)年、上京して博文館編集部に勤務しました。
1921(大正10)年に坪内逍遥の勧めで早稲田大学英文科に聴講生として入学し、
横光利一達とシェークスピア文学を専攻しました。
1922(大正11)年、不二原啓二のペンネームで詩集『夕の哀しみ』を出版しました。
藤島武二が教えていた川端洋画研究所に通ってデッサンを習いました。
神楽坂のホーリネス教会で洗礼を受け、「ヨハネ・ケイ」の名を授かりました。
1923(大正12)年、片山哲、河上丈太郎、水谷長三郎達と交友して社会主義運動に投じます。
荒畑寒村にマルクスの思想を学んで協賛主義運動にも参加しました。
1924(大正13)年、詩集『壊滅の都市』を出版しました。
1927(昭和2)年、日活映画脚本部に勤務しました。
1928(昭和3)年、『ハイネの訳詩集』を出版しました。
1930(昭和5)年にフリー文筆家として独立するものの文学に限界を感じて神経衰弱となり、
1937(昭和12)年に帰郷しました。
1938(昭和13)年、備前市穂浪在住の万葉学者・正宗敦夫の勧めで三村梅景と知り合います。
備前市穂浪に築窯して備前焼についての手解きを受けました。
1941(昭和16)年、金重陶陽に焼成技法等を学んで陶技の腕を磨きました。
1948(昭和23)年、備前焼の技術保存資格者(丸技)に認定されました。
1949(昭和24)年、岡山県文化連盟賞を受賞しました。
1956(昭和31)年、日本工芸会正会員となりました。
1957(昭和32)年、岡山県重要無形文化財に認定されました。
1958(昭和33)年、一水会運営委員、日本工芸会理事に就任しました。
1959(昭和34)年、一水展審査員に就任しました。
1962(昭和37)年、プラハ国際陶芸展で金賞を受賞しました。
1963(昭和38)年、山陽文化賞、岡山県文化賞、国際グランプリー賞、中国文化賞を受賞しました。
プラハで受賞した備前壷をローマの日本文化館に献納しました。
1969(昭和44)年、「擂座壷一対」を皇居新宮殿に献納しました。
1970(昭和45)年、重要無形文化財「備前焼」の保持者(人間国宝)に認定されました。
1972(昭和47)年、勲四等旭日章を受章しました。
日本伝統工芸展の鑑査員に就任しました。
1973(昭和48)年、日本伝統工芸展の鑑査員に就任しました。
三木記念賞を受賞しました。
1975(昭和50)年、「備前水指」と「備前花入」を迎賓館に献納しました。
日本伝統工芸展の鑑査員に就任しました。
1976(昭和51)年、備前市名誉市民の称号を受けました。
1977(昭和52)年、財団法人「藤原啓記念館」を設立しました。
1981(昭和56)年、岡山県名誉県民の称号を受けました。
1983(昭和58)年、勲三等瑞宝章を受章しました。
古くから受け継がれる古備前の技法を基礎にした豪放素朴で温もりある大らかな作風は、
その人間味・人柄を映しているようで後進にも大きな影響を与えました。