福島善三

Zenzo Fukushima

福島善三 1959(昭和34)年生

 福島善三は小石原焼ちがいわ窯に生まれました。
1988(昭和63)年、朝日新聞社賞を受賞しました。
1990(平成2)年、西日本陶芸美術展で福岡県知事賞を受賞しました。
1991(平成3)年、西部工芸展で朝日新聞社金賞を受賞しました。
福岡県美術協会正会員に推挙されました。
1992(平成4)年、西日本陶芸美術展で長崎県知事賞を受賞しました。
日本工芸会正会員に推挙されました。
1993(平成5)年、作品が福岡県立美術館に収蔵されました。
西日本陶芸美術展で福岡県知事賞を受賞しました。
1994(平成6)年、九州山口陶磁展で準大賞を受賞しました。
1998(平成10)年、九州山口陶磁展で日経新聞社賞を受賞しました。
1999(平成11)年、日本陶芸展で大賞桂宮賜杯を受賞しました。
2000(平成12)年、「鉄釉掛分鉢」が宮内庁に買い上げられました。
2001(平成13)年、福岡県文化賞を受賞しました。
2003(平成15)年、西日本陶芸美術展で大賞を受賞しました。
日本伝統工芸展で日本工芸会総裁賞を受賞しました。
2004(平成16)年、MOA岡田茂吉賞展で優秀賞を受賞しました。
作品が茨城県陶芸美術館、田川市美術館、MOA美術館に収蔵されました。
2005(平成17)年、兵庫県陶芸美術館に収蔵されました。
2013(平成25)年、日本伝統工芸展で高松宮記念賞を受賞しました。
2014(平成26)年、日本陶磁協会賞を受賞しました。
紫綬褒章を受章しました。
作品が東京国立近代美術館に収蔵されました。
2015(平成27)年、日本伝統工芸展監査委員に就任しました。
2017(平成29)年、日本伝統工芸展鑑査委員に就任しました。
重要無形文化財「小石原焼」の保持者(人間国宝)に認定されました。
2018(平成30)年、日本伝統工芸展監査委員に就任しました。
300年以上続く小石原焼窯元の16代目となる福島善三は確かな技術と、
無駄を排したシャープでモダンな創作スタイルを追求して多大な評価を得ています。