象牙の買取と価格・福岡 古美術天平堂

象牙の買取

象牙(原木・磨牙)の高価買取を致しております。
買取査定(無料)のご相談やお電話を頂けますと、
現在の取引相場を基準に査定致しまして、
誠実な高価買取(即日現金お支払い)をさせて頂きます。

“ 象牙の重量(kg) × 重量(kg)に応じた単価 = 当店の買取価格 ”
象牙には重量(kg)に応じた詳細な単価が設けられておりまして、
重量(kg)が大きくなるに連れて単価も増加していきます。

表面や蓋に見られる多少の欠けや傷は問題ございませんが、
彫刻(鯉・龍・七福神・山水)等の細工が施されておりますと、
減額の対象となってきますので、ご理解の程を宜しくお願い申し上げます。
象牙は不動産や株式と同様に大切な財産の一部でございますので、
お客様目線に立った現時点における最善のご提案を保証させて頂きます。
主な買取方法は下記の通りでございます。

プライバシーに関しましての秘密事項は厳守させて頂きます。
どのような些細な事でも結構でございますので、
先ずはお気軽にお電話・メール等でご連絡下さいませ。
お客様にご満足頂けます事を第一として、
最後まで誠心誠意、責任を持って承らせて頂きます。

〒802-0006
特定国際種事業者福岡県北九州市小倉北区魚町3-4-20
古美術 天平堂
今林 崇
フリーダイヤル 0120-41-5330
(営業時間外でも承っております)

090-8919-8963
メール info@tenpyodo.com

(当店は環境省・経済産業省より特定国際種事業者として正式に認可を受けております)

今すぐ簡単お見積り(無料)
   象牙査定(FORM)    象牙査定(FAX用)

象牙買取に対する当店のこだわりと思い

買取査定には必ず代表が伺わせて頂きます。
代表

お客様に分かり易く(専門用語を極力使用せず)、
しっかりと御品の説明をさせて頂きました上で買取査定をさせて頂きます。

店舗を構えてお得意様や一般のお客様への小売販売に力を入れておりますので、
精一杯の高価買取をお約束させて頂きます。

即日に現金でのお支払いをお約束致します。

相続や税務関係につきましてもご相談に応じさせて頂きます。

お客様のご負担頂きました送料を買取価格に上乗せしてお支払いさせて頂きます。

私達はお客様に選んで頂く立場でございますので、
ご期待やご希望に添えられますよう精一杯精進させて頂きます。

「国際希少野生動植物種登録票」

国際希少野生動植物種登録票象牙の売買・譲渡には自然環境研究センターで発行される、
「国際希少野生動植物種登録票」が必要になります。
ご自身によるご申請が基本となりますが、
写真撮影や採寸等のお手伝いはさせて頂きます。

1.自然環境研究センターにお電話をします。
2.担当者のご指示の下に申請手続きを行います。
3.お手元に国際希少野生動植物種登録票が届きます。

(財)自然環境研究センター 国際希少種管理事業部

〒130-8606
東京都墨田区江東橋3-3-7
TEL:03-6659-6018 (平日:10時〜17時)
FAX:03-6659-6320
http://www.jwrc.or.jp/cites/index.htm

「店頭買取」の流れ

Step1.査定
ご対象の象牙を当店にご持参下さいませ。
“ 象牙の重量(kg) × 重量(kg)に応じた単価 = 当店の買取価格 ”

Step2.現金買取
現在の取引相場を基準にした査定価格にて現金買取させて頂きます。
買取価格にご満足頂けない場合はお断り頂きましても結構でございます。

「出張買取」の流れ

Step1.お電話、メールにてお問い合わせ下さいませ
お客様のご都合に合わせて訪問日時を調整させて頂きます。
(評価のみはご遠慮頂いております)

<出張対応地域>
福岡山口広島佐賀熊本大分長崎
※重量や本数によっては地域を問わずに出張させて頂きます。

Step2.訪問・査定
ご対象の象牙を査定致します。
“ 象牙の重量(kg) × 重量(kg)に応じた単価 = 当店の買取価格 ”

Step3.現金買取
現在の取引相場を基準にした査定価格にて現金買取させて頂きます。
ご希望に沿えられますよう尽力致します。

「宅配買取」の流れ

Step1.お電話、FORMFAXにてお問い合わせ下さいませ
(1)象牙内部に詰め物がない象牙のみの重量
   ※象牙を持ったまま体重計に乗って重量を計測し、
    ご自身の体重を引くと「象牙の重量」がおおよそ計測できます。
(2)彫刻の有無と彫刻の種類

Step2.仮査定
現在の取引相場を基準に査定致します。
“ 象牙の重量(kg) × 重量(kg)に応じた単価 = 当店の買取価格 ”
詰め物がない正確な重量でございましたら、
この時点での査定価格にて買取させて頂きます。

Step3.当店宛てに象牙をご発送下さいませ
「身分証明書(運転免許証・パスポート・健康保険証)のコピー」と、
「お振込み先となる金融機関の口座名義」を同封して、
当店宛てに象牙をご発送下さいませ。
お客様のご負担頂きました送料を、
買取価格に上乗せしてお支払いさせて頂きます。

発送の際の梱包につきましては象牙をプチプチ(エアークッション)で包み、
ガムテープで簡単に巻き止めて下さい。
配送には「日本便局(ゆうパック)の集荷サービス」をお勧め致しております。
お電話一本で最寄りの店舗からご自宅まで集荷に来て頂けます。

〒802-0006
福岡県北九州市小倉北区魚町3-4-20
古美術 天平堂 宛
TEL・FAX (093)551-5330
携帯 090-8919-8963

Step4.本査定・現金買取
現物を実際に拝見(本査定)致しまして、
「買取価格 + 送料」を送金させて頂きます。

※本象牙を模倣した模造品(イミテーション)は買取致しておりません。
  模造品であった場合は着払いにて返送させて頂きます。

象牙(原木)の全形写真です

象牙(原木)の肌合いです

象牙(磨牙)の肌合いです ・ 特有の縞目が見られます

根元の蓋を外した象牙(磨牙)です ・ 本象牙は内部が空洞になっています

ワシントン条約(CITES)による象牙の輸入禁止

象牙とは象の長大に発達した一対の切歯(門歯)です。
材質が美しく加工も容易である為、
古来より工芸品の素材として珍重されてきました。
嘗て日本は最大の象牙輸入国でしたが、
1989(平成元)年に絶滅のおそれのある野生動植物の種に指定され、
ワシントン条約(CITES)の締約により象牙の全面輸入禁止措置が執られました。
1995(平成7)年に環境庁(現:環境省)から国際希少野生動植物種の登録制度が施行され、
「国際希少野生動植物種登録票」を付けなければ、
売買・譲渡する事ができなくなりました。
その後、ボツワナ、ナミビア、ジンバブエでは象の間引きが必要な数へと急増した為、
1997(平成9)年のワシントン条約締約国会議で特別条件の下に輸入が許可され、
1999(平成11)年に限定的に約50tの象牙が輸入されました。
南アフリカ諸国は貿易継続を要望しましたが、
密猟者の活動が活発化した事で再開の目処は立たなくなりました。
2007(平成19)年のワシントン条約締約国会議で特別条件の下に再び輸入が許可され、
2009(平成21)年に南アフリカ、ボツワナ、ナミビア、ジンバブエから、
限定的に約40tの象牙が輸入されました。
こういった特例で取引される象牙は自然死した象等から採取された物に限られており、
象牙取引によって得た収益はアフリカ象の保護管理や、
象と共存する地域人々の生活改善等に役立てられているようです。

茶道具の買取 2017年 9月13日

茶道具一式を出張買取させて頂きました。

坂田泥華、坂田慶造の買取 2017年 9月13日

13代坂田泥華の作品、坂田慶造の茶碗を宅配買取させて頂きました。

古伊万里の買取 2017年 8月23日

古伊万里を店頭買取させて頂きました。

中村真、松田華山の買取 2017年 8月19日

中村真の備前徳利、松田華山の備前徳利を店頭買取させて頂きました。

中国書画、茶道具の買取 2017年 8月18日

中国書画、茶道具を店頭買取させて頂きました。

酒井田柿右衛門、今泉今右衛門の買取 2017年 8月5日

14代酒井田柿右衛門窯の作品、13代今泉今右衛門窯の作品を
店頭買取させて頂きました。

作家物、西洋美術の買取 2017年 6月5日

14代酒井田柿右衛門の濁手壺、14代今泉今右衛門の作品、バカラ、マイセンを
出張買取させて頂きました。

仏教美術、古道具の買取 2017年 5月24日

仏像、古道具を出張買取させて頂きました。

絵画の買取 2017年 5月22日

絵画を出張買取させて頂きました。

唐物、古銅、煎茶道具の出張買取 2017年 5月20日

唐物、古銅、煎茶道具を出張買取させて頂きました。
貴重なお時間を頂戴致しまして、ありがとうございました。

唐物、煎茶道具、鉄瓶、古道具の買取 2017年 5月17日

唐物、煎茶道具、鉄瓶、古道具を店頭買取させて頂きました。

ラッセン、兜割り、源右衛門の出張買取 2017年 5月17日

ラッセン、兜割り、源右衛門の陶板を出張買取させて頂きました。

古備前、古伊賀、掛軸の買取 2017年 4月17日

古備前水盤、古伊賀花入、橋本関雪の掛軸を店頭買取させて頂きました。

古伊万里、古備前、瀬戸石皿の買取 2017年 4月9日

古伊万里皿、古備前壺、瀬戸石皿を店頭買取させて頂きました。

茶道具、鉄瓶、古伊万里、中国美術の買取 2017年 3月30日

茶道具、鉄瓶、古伊万里、煎茶道具を出張買取させて頂きました。

茶道具、煎茶道具の買取 2017年 3月25日

茶道具、煎茶道具を店頭買取させて頂きました。

掛軸、屏風の買取 2017年 3月21日

掛軸、屏風等を出張買取させて頂きました。

鍋島焼、古備前、上野焼、高麗青磁の買取 2017年 3月20日

鍋島皿、古備前徳利、上野徳利、高麗青磁徳利を店頭買取させて頂きました。

今泉今右衛門、茶道具の買取 2017年 3月18日

12代今泉今右衛門の大皿、古備前徳利、鬼の腕花入を店頭買取させて頂きました。

酒井田柿右衛門の店頭買取 2017年 3月18日

15代酒井田柿右衛門の花入を店頭買取させて頂きました。

古伊万里、酒井田柿右衛門の買取 2017年 2月28日

古伊万里、13代酒井田柿右衛門の作品を出張買取させて頂きました。

唐津焼の買取 2017年 2月27日

唐津焼の作品を店頭買取させて頂きました。

作家物、茶道具の買取 2017年 2月4日

西岡小十の絵唐津ぐい呑、金重素山の粉引盃、
坪島土平の盃を店頭買取させて頂きました。

作家物、茶道具の買取 2017年 1月13日

3代徳田八十吉、11代今泉今右衛門、中島宏、井上萬二、島岡達三、
武腰潤、中里重利、岡本作礼、大樋年雄の作品、茶道具を店頭買取させて頂きました。

茶道具の買取 2016年 12月28日

茶道具を出張買取させて頂きました。

作家物、茶道具の買取 2016年 12月22日

隠崎隆一の備前作品、茶道具を出張買取させて頂きました。

作家物、茶道具、絵画の買取 2016年 12月19日

井上萬二、原清、杉本貞光、14代亀井味楽、3代徳田八十吉、
吉田美統、中島宏、小林東五、浦口雅行、小野珀子、13代今泉今右衛門、
ガラス、絵画、純銀製品、茶道具を出張買取させて頂きました。

古陶磁、茶道具、煎茶道具の買取 2016年 12月18日

呉須赤絵皿、古平戸香炉、茶道具、煎茶道具を出張買取させて頂きました。

茶道具の買取 2016年 12月7日

篠原如雪の香合、茶道具、珊瑚を出張買取させて頂きました。

茶道具の買取 2016年 12月5日

川端近左の棗、茶道具を店頭買取させて頂きました。

茶道具、蒔絵、象牙置物の買取 2016年 12月1日

中川浄益、和田美之助、角谷興兵衛の作品、茶道具、
蒔絵、象牙置物を店頭買取させて頂きました。

茶道具の買取 2016年 11月22日

茶道具を出張買取させて頂きました。

作家物の買取 2016年 11月14日

14代沈壽官の錦手花瓶を宅配買取させて頂きました。

作家物の買取 2016年 11月14日

藤原雄の備前皿を宅配買取させて頂きました。

象牙の買取 2016年 11月9日

象牙香炉を宅配買取させて頂きました。

作家物、伊万里蕎麦猪口の買取 2016年 11月1日

館林源右衛門の作品、12代今泉今右衛門の作品、
伊万里蕎麦猪口を出張買取させて頂きました。

酒器の買取 2016年 10月25日

李朝三島徳利を宅配買取させて頂きました。

茶道具の買取 2016年 10月24日

茶道具を出張買取させて頂きました。

鑑賞陶器、作家物の買取 2016年 10月13日

古伊万里、加藤卓男の正倉院復元三彩・ペルシャ作品、
13代中里太郎右衛門の作品、他多数を店頭買取させて頂きました。

作家物の買取 2016年 10月13日

3代徳田八十吉の燿彩壺、小野珀子の金襴手・釉裏金彩壺、
中島宏の青磁壺、他多数を店頭買取させて頂きました。

茶道具の買取 2016年 9月30日

唐津焼と唐物の茶道具を宅配買取させて頂きました。

茶道具の買取 2016年 9月28日

茶道具を宅配買取させて頂きました。

鉄瓶、茶道具、作家物、掛軸の買取 2016年 9月28日

鉄瓶、茶道具、12代今泉今右衛門の作品、唐物掛軸を出張買取させて頂きました。

象牙一本物、掛軸の買取 2016年 9月21日

象牙一本物、市河米庵・田能村直入・中原南天棒の掛軸を出張買取させて頂きました。

茶道具、作家物の買取 2016年 9月6日

13代酒井田柿右衛門の濁手香炉、葉山有樹の作品、
中里重利の唐津茶碗を店頭買取させて頂きました。

RETURN TO TOP