五節句 古美術天平堂

五節句

節句とは無事に季節の節目を過ごそうとする中国の風習が奈良時代に伝来し、
旧来は神に季節の収穫物をお供えして無病息災を願った風習が始まりとされています。
そのような意味合いから漢字にも「節句」ではなく、「節供」が用いられていました。
江戸時代に幕府が五節句を式日と定めた頃から節供より節句が用いられるようになります。
五節句は一月を除き、中国でおめでたいとされる奇数の重なる日が選ばれています。
季節の草や木に彩られているのも特徴の一つとされています。

●人日の節句(一月七日)

・別名:七草の節句  用意するもの:春の七草
同じ数字が並ぶ節句の内、唯一の例外が人日の節句です。
前漢時代は元日〜六日に鶏(一日)、狗(二日)、猪(三日)、羊(四日)、牛(五日)、馬(六日)
の獣畜を当てて占いを行う風習があり、其々の日にはその動物を殺さないようにしました。
そして、七日目は人を占う日に当て、人を大切にする人日の節句としました。
従って、この日には犯罪者に対する刑罰も科されなかったとされています。
江戸時代は将軍以下の武士が、
七種の若菜(芹、薺、御形、繁縷、仏座、菘、蘿蔔)を入れた七草粥を食べて、
過去一年間の厄払いをし、
これから一年間の無病息災を祈願する幕府の公式行事の日でもありました。
元来は七種の穀物(米、粟、稗、黍、蓑、胡麻、小豆)を粥にしたとされ、
現在知られる七草が用いられたのは鎌倉時代からとされています。
茶道の各家では初釜等の行事も行われています。

●上巳の節句(三月三日)

・別名:桃の節句、雛の節句  用意するもの:桃の花、菱餅
上巳とは陰暦三月の最初の巳の日を指します。
この日、古代中国では人々が川辺で手足を洗って災厄や不浄を祓い、
心身の穢れを清める上巳の祓いが行われました。
又、川の上流から杯を流し、自分の前を通過する迄に詩を作り、
杯を取って酒を飲む曲水の宴も催されました。
この日、日本でも曲水の宴は平安時代の宮中で採り入れられ、
祓え(罪や不浄を清める信仰)を行いましたが、その後に廃れました。
しかし、貴族間では巳の日の祓いとして形代(祓えの紙人形)に穢れを移して川に流しました。
この行事が平安時代の宮中で盛んになった雛遊び(紙の着せ替え人形の遊び)と結び付き、
自分の災厄を代わりに引き受けた人形を流す流し雛へと発展していったとされています。
室町時代になると豪華なお雛様を飾って宮中で盛大に雛祭りを催すようになり、
戦国の世を経て平和が訪れた江戸時代に華麗な女児の為の行事となっていきます。
宮中から武家社会、裕福な町人階級へと広がり、現在の雛祭りの原型となりました。
江戸時代の中頃になると女児の誕生を祝って初節句に雛人形を飾る風習が生まれ、
豪華なものも造られるようになっていきました。
女児が健やかに可愛らしく育ち、病気や事故が無く、
裕福な人生を過ごせますようにとの願いが込められた雛祭りの行事は現在にまで至っています。

●端午の節句(五月五日)

・別名:菖蒲の節句  用意するもの:菖蒲湯、柏餅、粽
元来、端午とは月の端の午の日という意味で五月に限ったものではありませんでした。
午と五が同音の為、毎月五日を指すようになり、やがて五月五日だけとなりました。
この日、古代中国では薬草を摘み、蓬で作った人形を門口に掛け、
菖蒲酒を飲んで邪気を祓う行事が行われていました。
日本には奈良時代に伝わり、菖蒲や蓬を軒に挿し、柏餅や粽を食べて祝いました。
朝廷では儀式として行われましたが、武家や民間でもこの日を祝うようになり、
鎌倉幕府や室町幕府でも公の祝日としました。
元来、端午の節句は女児の節句とされていましたが、
武家社会に入って菖蒲と尚武・勝負が同音である事等から男児の節句とされました。
江戸時代以降は五節句の一つとなり、
鯉幟や幟旗を立て、甲冑、刀、武者人形等を飾って、男児の成長を祝いました。
1951(昭和26)年の五月に児童憲章が定められ、五月五日は子供の人格を尊重すると共に、
子供の幸福を図る事を趣旨とした祝日・子供の日となりました。

●七夕の節句(七月七日)

・別名:笹の節句  用意するもの:笹
七夕とは旧暦七月七日の夜に星を祭る年中行事として知られ、
牽牛星と織女星の星伝説(牽牛星と織女星が年に一度、七月七日に天の川を挟んで逢う)が、
元になっています。
中国の乞巧奠(七月七日の夜に供え物をして牽牛星と織女星を祭り、
女児が手芸巧みになる事を祈る行事)と、
日本の棚機つ女(天から来臨する神の為に美しい衣を織って待つ乙女)との信仰が結びついて、
定着したものとされています。
奈良時代から女児の裁縫の芸事上達を祈る星祭りの行事として行われるようになりました。
江戸時代になると民間にも広がり、短冊に願い事を書いて笹竹に飾り出しました。

●重陽の節句(九月九日)

・別名:菊の節句  用意するもの:菊花
古代中国では奇数を陽の数としていた為、
陽数の極である九が重なる重陽の九月九日は大変おめでたい日とされました。
この日、中国では登高という丘に登る行楽行事が行われて邪気を祓いました。
長寿を願い、菊花を飾って酒盛りをして祝ったとされています。
日本には奈良時代に伝わり、宮中で観菊の宴が催されました。
杯に菊花を浮かべた酒を酌みかわし、長寿を祝い、詩歌を作りました。
杯に菊花を浮かべた菊酒は飲むと長生きするといわれていました。
重陽の節句は五節句の中でも最も公的な性質を備えた行事でした。

RETURN TO TOP