籔内佐斗司の買取 古美術天平堂

籔内佐斗司

籔内佐斗司 1953(昭和28)年生

籔内佐斗司は大阪府大阪市に生まれました。
1978(昭和53)年、東京芸術大学美術学部彫刻科を卒業しました。
1980(昭和55)年、東京芸術大学大学院美術研究科(澄川喜一研究室)を修了しました。
1982(昭和57)年から1987(昭和62)年まで、
東京芸術大学大学院美術研究科保存修復技術研究室助手を勤めました。
仏像等の古美術の古典技法と修復技術を研究し、
新薬師寺地蔵菩薩立像や平林寺十六羅漢像の修復に携わりました。
1987(昭和62)年、彫刻家として活動を開始しました。
1988(昭和63)年、神戸須磨離宮公園現代彫刻展で兵庫県立近代美術館賞を受賞しました。
1997(平成9)年、現代日本彫刻展で宇部興産株式会社賞を受賞しました。
2003(平成15)年、平櫛田中賞を受賞しました。
2004(平成16)年に東京芸術大学大学院美術研究科文化財保存学専攻保存修復・
彫刻科教授に就任しました。
2008(平成20)年、平城遷都1300年記念事業の公式マスコット「せんとくん」を発表しました。
仮面舞踏「平成伎楽団」を結成しました。
文化財保存と修復の経験に基づく確かな技術を駆使した木彫作品を通じ、
滑稽さと諧謔に満ちた奇想天外な世界は観る人を魅了して止みません。
木彫以外にもブロンズ作品を多く手掛け、
屋外や公共空間でも活動の場を広げています。
 

<籔内佐斗司の作品紹介>

RETURN TO TOP