冨田溪仙の買取 古美術天平堂

冨田溪仙

冨田溪仙 1879(明治12)年〜1936(昭和11)年

冨田溪仙は福岡県福岡市に生まれました。
名を鎮五郎、号を雪仙・華仙・燕巣樓・溪仙・久鼓庵・久鼓山人・溪山人といいます。
1891(明治24)年、旧黒田藩御用絵師・衣笠深谷に師事し、狩野派を学びました。
1897(明治30)年、京都の都路華香に師事し、四条派を学びました。
1899(明治32)年、第七回日本絵画協会第二回日本美術院連合絵画共進会で初入選しました。
1903(明治36)年、第五回内国勧業博覧会に「神功皇后釣鮎図」を出品しました。
この頃より仙腰a尚に傾倒します。
更に池大雅や与謝蕪村に傾倒し、大和絵、仏画に至るまで修練しました。
1912(大正元)年、文展で「鵜船」が入選し、横山大観の評価を受けました。
日本美術院の再興に向けて奔走する横山大観に同意し、
1914(大正3)年の再興日本美術院第一回展に出品して日本美術院院友に推挙されました。
1915(大正4)年、日本美術院同人に推挙されました。
院展に出品を続け、仏教、キリスト教、儒教、日本古典と学び、独特の画風を確立します。
1935(昭和10)年、帝国美術院会員となりました。
1936(昭和11)年、文部大臣・平生鋭三郎の帝展改組に対する処置を不満とする、
横山大観達13名と共に帝国美術院会員を辞任しました。
  

<冨田溪仙の作品紹介>

RETURN TO TOP