小林東五の買取 古美術天平堂

小林東五

小林東五 1935(昭和10)年生

小林東五は小林全鼎(雲道人)の長男として京都に生まれました。
父に師事して漢籍、書道、篆刻を学びました。
1973(昭和48)年、渡韓して高麗陶磁を制作しました。
1981(昭和56)年、長崎県対馬に對州窯を築窯しました。
古稀をもって陶芸活動を終了した後は文人として生活しています。
井戸、粉引、三島、刷毛目といった李朝陶磁を継承する第一人者であり、
多くの名品は蒐集家の垂涎の的とされています。
  

<小林東五の作品紹介>

RETURN TO TOP