北大路魯山人の織部千段巻文茶碗の買取 古美術天平堂

織部千段巻文茶碗

作者 北大路魯山人
1883(明治16)年〜1959(昭和34)年
状態・詳細 口縁に僅かな釉削げがあります
口径 15.9×15.7cm
高さ 7cm
底径 5.1cm
備考 2代 黒田陶々庵 極
1931(昭和6)年生
商品番号 a2917
価格 sold out
在庫:
数量:

商品に関するご質問がございましたら、
お気軽にお電話、メール、FAXでお問い合わせ下さいませ。
外商(出張販売)もさせて頂きます。

〒812-0027 福岡市博多区下川端町10-12
古美術 天平堂

TEL・FAX 092-710-6657

Mobile 090-8919-8963

美食の道を究めた偉才の芸術家・北大路魯山人の織部千段巻文茶碗です。
無駄を削ぎ落とした薄造りの手取りは抜群の使い心地を示し、
千段巻と織部釉を併用した瀟洒なデザイン感覚と、
奥行きが深いのびのびとした作行に魯山人の真面目が発揮されています。
「織部焼」において重要無形文化財の保持者(人間国宝)に勧告を受けるも辞退した事で知られ、
画家、篆刻家、書道家、料理家、陶芸家、漆芸家として幅広く独自の美の世界を追求し、
各方面において優れた実績を残しました。
焼物本来の実用性を重視した見識が近年の食や器への関心に導いた功績は多大です。

RETURN TO TOP